メディア掲載

エムズコミュニケイト 人材サービス業界向けコンサルティングサービスを開始 ポイントを活用して、求職者と求人企業のマッチング精度を向上

2013.04.01

大日本印刷株式会社の子会社で顧客とのコミュニケーションに関するコンサルティング事業を手がける株式会社エムズコミュニケイト(以下:エムズ)は、人材サービス業界向けに、ポイントを活用して求職者と求人企業のマッチング精度の向上を図るコンサルティングサービスを開始します。また、本格的なサ-ビス開始に先立ちエムズは、医師専門の人材総合サービスを展開する株式会社メディカル・ステージ向けにポイントを活用した新たなサービスプログラムを構築しました。メディカル・ステージは、同社に登録する医師と医療機関向けに、4月15日より新サービスを提供します。

【サービス開始の背景】
ポイントサービスは、流通や小売、メーカーなど多様な業界で導入されていますが、転職支援などを行う人材サービス業界での導入は稀で、医師特化型の人材サービス企業の一部で金銭的インセンティブとして利用されている程度でした。エムズが2009年と2011年に実施した調査では、ポイントを「お金」と捉えて節約目的に貯める層が3.8%減少する一方、プレミアムな景品や旅行券、寄付などのモノやサービスに交換して「楽しむ」層が2.4%増加していました。生活者のポイントサービスに期待することや魅力と感じることも変化してきていることから、登録人材のモチベーションを上げ、キャリアアップを支援していく人材サービス業界においても、従来の金銭的インセンティブとは異なるポイントサービスを導入したいとの要望が高まっています。また、働き方に関する価値観や労働環境などの変化から、最初に就職した職場で生涯働く形から複数の職場を移り変わるケースが今後増えていくと予想されることから、人材サービス企業が優良人材を長期的に囲い込みたいというニーズが高まると考えられます。

こうした状況を受けてエムズは、人材サービス業界向けに、金銭的インセンティブの機能にだけにとどまらず、ポイントが潤滑油となって情報が集まる事で求職者と企業のマッチング精度の向上にもつながるプログラムを設計し、その導入を推進するサービスを開始します。

【メディカル・ステージ向けに構築したポイントサービスプログラムの概要】
エムズは、医師および医療機関の情報流通を活発化し、メディカル・ステージ-医師-医療機関の3者が長期的に良好な関係性を築けるポイントプログラムの仕組みを開発しました。

1.メディカル・ステージと医師の接点を拡大
メディカル・ステージは、医師の希望勤務条件や将来希望する働き方の情報、現在従事する医療機関の実態など、医師側の多様な情報を収集するために、情報提供してくれた医師に対してポイントを付与します。メディカル・ステージは、ポイントの多い医師に優良条件求人の優先案内など、同社に長期登録して人材紹介サービスの利用に応じた特典を提供します。
<医師にポイントを付与する事例>
・ メディカル・ステージを通じて、医療機関と成約した医師や、急募の求人案件に応募した医師に対
してポイントを付与します。
・ 医療機関との面接内容や、転職後にメディカル・ステージが実施するアンケートへの回答など、さまざまな情報提供に協力してくれた医師に対してポイントを付与します。

2.メディカル・ステージと医療機関の接点を拡大
医療機関が希望する求人条件や、転職してきた医師の勤務実態など、医療機関側の多様な情報を 収集するために、情報提供してくれた医療機関に対してもポイントを付与します。メディカル・ステージは、ポイントの多い医療機関に対して、求人条件に見合う医師を優先的に紹介するなど、獲得したポイントに応じた特典を提供します。また、医療機関はポイントを求人広告の出稿費用に充当することもできます。
<医療機関にポイントを付与する事例>
・ メディカル・ステージに登録した医師と成約した医療機関や、同社が実施するアンケートへ回答した医療機関に対してポイントを付与します。

エムズが設計した当プログラムを運用することでメディカル・ステージは、医師と医療機関の双方からより詳細な情報を収集できるようになり、医師と医療機関のマッチング精度の向上につなげていくことができます。同時に、医師と医療機関が当プログラムを利用すればするほど互いのニーズを的確に把握することができるため、安定的な医療サービスの提供や医療労働環境改善などの実現へとつなげることができます。

メディカル・ステージ 杉田社長のコメント : 『質の高い医師人材サービスを追求する中、エムズコミュニケイトと共同で、ポイントの使い方や人材サービス業ならではの顧客マネージメントについて今までにないプログラムを構築できました。多くの医師や医療機関の賛同を得て、早期に効果をあげていきたいと思います。』

【今後の展開】
今後エムズは、ポイントの新たな活用方法を取り入れた会員サービスのコンサルティングメニューを拡充していくとともに、2014年度までに人材サービス業界10社へ当サービスの提供を目指します。