メディア掲載

エムズコミュニケイト ポイントサービスの導入・改善のためのコンサルティングサービスを開始

2007.06.22

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円)の子会社で、ポイントサービスなど顧客とのコミュニケーションに関するコンサルティング事業を手がける株式会社エムズコミュニケイト(本社:東京 社長:岡田祐子 資本金:3000万円 以下:エムズ)は、最新の市場動向に対応したポイントサービス向けコンサルティングサービス『PointNavi(ポイントナビ)2.0』を、6月末より開始します。

【背景】
2005年度のポイント発行額が4500億円を超え(※)、2006年度以降さらに増加が見込まれるなど、ポイントサービスの利用が増えています。マイレージや他のポイント、電子マネーへの交換サービスが充実し、生活者にとって取得したポイントを使いやすくなったことが、増加を牽引しています。
エムズは、2004年に、新規検討中または導入済みのポイントサービスを診断するコンサルティングサービス『ポイントナビ』を開始し、既に大手コンビニエンスストア、総合通販、メーカー、クレジットカード会社など、10業種以上の多岐に渡る業界で採用実績があります。エムズは、ポイントサービスは単なる値引きツールではなく、企業と生活者のコミュニケーションを潤滑にし、企業やサービスのブランド力を高める手段であると考え、今回、ポイントサービスを取り巻く環境の変化をふまえた『ポイントナビ2.0』を開始します。企業アライアンスを行うべきか、生活者にどのようなサービスを提供すべきか、ポイント発行分の引当金処理をどのように行うべきか、などについて、顧客満足度と財務負荷の観点から指針を提示し、企業のポイントサービスを支援します。

(※) 2006年8月16日付け、野村総研調査

【ポイントナビ2.0の概要】
最新動向に基づき、企業が新規検討中または導入済みのポイントサービスを改善するために、『サービス導入・実行プラン』、『サービス設計プラン』、『プレアドバイスプラン』の3つのプランを用意しています。企業はニーズに合わせて、3つのプランから、選択することが出来ます。

1. サービス導入・実行プラン (期間:2~3ヶ月)
一式 500万円(実制作費は別途、税抜き)~
新規検討中または導入済みのポイントサービスの改善に向けて、設計から導入・運用まで一連の支援を行います。ポイント還元率や提携先といったポイントサービス内容の企画、テスト導入の検証から、プロモーション活動における販促物の制作にいたるまで、顧客アンケート調査などを織り交ぜながら導入企業と協同して推進します。

2. サービス設計プラン (期間:約1.5ヶ月)
一式 200万円(税抜き)~
新規検討中または導入済みのポイントサービスの改善策をリストアップし、企業の運用形態にあわせて、改善策の実務レベルへの落とし込みまでを行います。具体的には、制作会社に対する、カードや機器、ソフトウェアの要求仕様書の作成などの設計を行います。

3. プレアドバイスプラン (期間:約2週間)
一式 50万円(税抜き)
新規検討中または導入済みのポイントサービスの問題点を抽出し、今後実施すべき改善策をリストアップし、診断レポートとして提出します。「自社のポイントサービスが良いのか悪いのか、まずは知りたい」という企業に最適です。

【今後の動き】
エムズは、『ポイントナビ2.0』により、2007年度で、20社の受注を見込みます。
また、リリースにあわせてホームページをリニューアル。
成功するポイントサービスの秘訣、会員制サービスの構築のポイントなどを発信している「エムズレポ
ート」を強化していきます。

トップページ


※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その
後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。